プラスチック製品製造

プラスチックには、射出成形、中空成形、真空成形、圧空成形などさまざまな成形方法がありますが、その中から最適な成形方法をご提案し、製造します。

各加工方法のメリット・デメリット


内容 メリット デメリット 製品例
射出成形 注射器で注射するように溶けた樹脂を、射出機から金型の中に射出・圧入して成形する方法。
立体的な製品を作るのに適する。
・大量生産に最適
・高精度の製品向き
・デザインの自由度が高い
・初期投資(金型)が高い
・少量生産に不向き
密封容器や洗い容器、バケツ、パレット等幅広い製品に使用
中空成形 押しだされたばかりのまだ軟らかいチューブ(パリソン)を金型ではさみ、上部から空気を入れてふくらませ、型どおりに成形する方法。 ・金型の構造が単純(安価・早い)
・大量生産向き
・薄肉の成型が可能
・成形時間が短い
・肉厚の精度が出にくい
・小ロット生産には不向き
・複雑形状に不向き
各種ボトル、容器
真空成形
圧空成形
シートや板を加熱して軟らかくし、型の中の空気を吸いとって、大気圧で、型に押しつけて成形する方法(真空成形)。
真空成形でも型の中の空気を吸いとる時、同時に上から圧縮空気を送って材料を金型に密着させる方法もあり、圧空成形という。
底の深い製品を作るのに適する。
・金型の構造が単純(安価・早い)
・少量生産にも対応可能
・生産までのスピードが早い
・大きさ/厚みの自由度が利く
・肉厚が全体で均質でない
・高精度製品に不向き
・複雑形状に不向き
卵パック、食品トレー、食品容器

射出成形

国家資格を持つ成形職人により金型のメンテナンス、何パターンもある成形条件の中からの最適条件の成形条件設定、そして専任の検査員による厳しい検査を実施して、お客様が安心して受け取れる製品作りを行っております。

金型~原料
成形
取り出し
[youtube width=”300″ height=”255″]http://www.youtube.com/watch?v=XUk_tzcSZM0[/youtube]

中空成形

ボトル容器から工業用製品まで幅広い中空成形をお取扱いします。中でも、他社では真似できない3次元的に折れ曲がっているチューブや一部射出成形製品のような形状がある中空射出成形品に似た製品を中空成形機だけで成形するといった、中空成形では困難とされる成形品にも対応いたします。

原料ブレンド
成形(パリソン)
成形、ラベル貼り、ばりとり
取り出し

製品検査・梱包

当社ではお客様へ高品質の製品をお届けする為に下記のような取り組みを行っております。

・各製品の機能に合った検査項目の設定
・1日4回の定期抜き取り品質検査
・引き継ぎ時に注意点を報告
・製品立上時に全数品質確認
・ゲートカット漏れなきよう自動化
・大切な製品に適した梱包
・出荷製品に対する出荷毎での抜き取り検査
 

お問合せ

株式会社ワイチ
toiawase@wa1.co.jp
〒639-2141 奈良県葛城市辨之庄138
プラスチック製品の設計製造OEMことならお気軽にお問合せ下さい。
お問合せはこちら
  • お電話でのお問合せはこちらから|0745-69-2681
  • FAXでのお問合せはこちらから|0745-69-3381
  • 製品事例紹介
  • よくあるご質問
  • 設備紹介
  • 環境自主行動計画

お問合せはこちら 株式会社ワイチ

0745-69-2681

〒639-2141
奈良県葛城市辨之庄138
FAX:0745-69-3381
Mail:toiawase@wa1.co.jp

お問合せはこちら
 

このページの先頭へ戻る